私のココロのが疲れてた日

こんにちは。まさこです。

今日の降園時、クラスの子とはしゃいでいるように見えていた次男が、

突如大声で

ヤダー!走ってただけなのにー!ヤダヤダー!

と喚き泣き始めました。

どうしたのか側に寄って話を聞いてみると

(次男は)走っていただけなのに

タッチしてきた

ドロしてない

ドロケイヤダ

などと泣き喚きながら理由を説明。

その様子に圧倒され

どうしてよいかわからず一瞬の間がこどもたちに流れました。

年少組から付き合いのあるママばかりだったので

そういうこともある

嫌だったんだね

などと優しく声をかけてくれました。

私が

(微妙な雰囲気になったことを)ごめんねヽ(´o`;

と言うと、

誰も悪くない

と一瞬の間があいたのち1人のママから。

その時、肌で感じた微妙な空気感。

とてもやるせない気持ちになり

帰宅してから泣きました。

今年度は次男が卒園の年。

卒園式にむけた、保護者主体で行う会の装飾リーダーを務めています。

昨年度は

次男の幼稚園でクラス幹事をして

長男の学校でPTA広報部長をしてました。

なんだか卒園式にむけて任務遂行に追われてるからか

ココロの余裕がなくなっているみたい。

次男のことは理解しているつもりでいるけれど

ギャップを目の当たりにすると

辛いっていう自分。

療育って

次男のためにと探して通っているけれど、

そんな自分のココロを癒やすために利用している気もする。